転職の面接で落ちたと感じてもそうとは限らない

転職,面接,落ちた

転職の面接では新卒の場合とは異なり、すぐに戦力となる人材の確保が目指されています。特に特殊なスキルを必要とする技術系の職員を募集している場合には、その即戦力となるような高い技術と共に、新製品や新技術を開発するための独創的な思考力が問われる場合もあります。そういった技術系への転職の場合には特に面接が活発な討論の場になり、専門家である試験官達に完全に議論で言い負かされてしまうという状況が起こる場合があります。そのショックから試験に落ちたと考えてしまいがちですが、必ずしもそうではないということを覚えておいた方が良いでしょう。面接において議論の能力があるかどうかを見極めようと議論しているうちに、もし白熱した議論になってしまったというのであれば、それはたとえ言い負かされたとしても他の人にはない良い評価になる可能性があります。結果的に言い負かされてしまったので落ちたという印象を受けてしまいますが、現実に他の志望者とおそれだけの白熱した討論を行っていたかどうかはわかりません。落ちたと思ってしまったとしても、意外にも内定の通知が来るかもしれませんので、最後まで諦めてはならないということを肝に銘じておきましょう。 370

転職をする際の面接で〜家族構成〜

転職,面接,落ちた

転職をする際の面接というのは、必ずしも仕事のことに関連した事について質問されるという訳ではありません。もちろん前の職場でどのようなお仕事をしていたかとか、それを通してどのようなスキルを身につけたかなど、当然と思われる質問はいくつかあるはずですが、予想をしていなかった事を聞かれるということもある場合があるので、色々なシチュエーションを想定して準備をしていくことをお勧めします。例えば家族構成を聞かれるだけではなく、自分が初めて泳げるようになったときにどのような気持ちだったか、父親と母親のどちらと仲が良いかなど、あまり転職に関係ないのではと思うような項目についても聞かれるというのは、意外に多く耳にする話だからです。そのような予想をしていなかった事に聞かれても良いように、一度自分について深く分析をしてみることも大切です。自分はどのような環境で生まれ育ったのか、それによってどのような性格になっていったか、今まで自分は何を大切にしてきたのか、これからなりたい自分というのは何かなど、深く掘り下げることが普段はあまり無い事も多いと思うので、それらについて改めて、思いをめぐらせてみることも大切かもしれません。 371

更新履歴


このページの先頭へ戻る